聴講無料

事前登録制

パッケージング最新技術ウェビナー

11月27日(金) 13:00-17:00  (全3講演)

​1セッション単位でのお申し込みとなります。参加登録フォームから同時に複数セッションのお申し込みが可能です。

プログラム&スケジュール

​【P-1】 《13:00 - 13:45》​

臨床現場から見た医薬品包装デザインの課題と解決方法

≪講演概要≫

臨床現場で使用されている医薬品包装のデザイン、形態、使用感に関する医療医従事・患者からの評価を交え、当該包装の何が現場で問題なのかを具体的に提示する。同時に、医療現場で評価される医薬品包装や、今後必要とされる医薬品包装のヒントについて、CR包装や抗がん剤のDVO対応包装に関す知見も含め提示したい。

東京薬科大学

薬学部 臨床薬剤学教室

教授

下枝 貞彦 氏

​【P-3】 《15:15 - 15:45》

医薬用ゴム栓と滅菌済みセット製品のご紹介

≪講演概要≫

凍結乾燥バイアル製剤用に適したゴム栓を始め、即時使用可能なタイプの滅菌済みバイアル用ゴム栓・バイアル・アルミキャップをセットにした新製品のご紹介。

​ニプロ(株)

ファーマパッケージング部

商品企画開発部本部

医薬用パッケージング商品企画開発部

井上 毅成 氏

​【P-4】 《16:15 - 16:45》

BFS最新の製品例

​Rommelag Kunststoff-Maschinen Vertriebsgesellschaft mbH

営業

エリアセールスマネージャー

Klaus Schuster 氏

【(株)ミューチュアル共催 】

≪講演概要≫

BFS (ブローフィルシール)の基礎概念から、ワクチン対応を含む最新の製品例を紹介する。 同時に、ロメラグ社の会社紹介、機械のラインアップについても併せて紹介する。

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社

Email: promotion@cphijapan.com / 電話:03-5296-1020

東京都千代田区鍛冶町 1-8-3  神田91ビル2F