アーカイブ配信  

​【視聴・無料】過去に開催したウェビナーの一部を、期間限定で配信しています。

DDS(ドラッグデリバリーシステム)/製剤技術ウェビナー 【11月20日開催分】

公開期間:2020年11月25日~12月24日

【D-1】

​ナノDDSを利用したがん免疫制御システムの開発

≪講演概要≫

​がん免疫応答は極めて複雑であり、それを制御する機能性分子も多種多様な物性を有している。それ故、ナノDDSは、次世代のがん免疫療法を開発するための重要な基盤技術として期待されている。本講演では、我々が開発してきたナノDDSを利用したがん免疫制御システムを紹介する。

北海道大学

大学院薬学研究院

助教

中村 孝司 氏

【D-2】 

バイオ医薬品に最適なソリューション

 

≪講演概要≫

成長著しいバイオ医薬品/バイオシミラー市場において、StevanatoGroupは高品質ガラス一次包装資材を用いて、市場ニーズに適応したユニークな製品を開発製造しています。今回はそれら製品概要をご紹介いたします。

オムピジャパン(株)

薬事・品質保証部

薬事担当

服部 一成 氏

【D-3】

USP Apparatus 3 Reciprocating Cylinder Agilent Bio-Dis Ⅲ

≪講演概要≫

​通常経口製剤はパドル、バスケット法を使用するが試験中にpHや攪拌速度を変更することは困難です。徐放性製剤用Bio-DisⅢは溶出に影響を及ぼす消化器官内の機械的、物理的コンディションを模した環境で試験が可能です。

(株)樋口商会

医薬事業本部

渡邊 眞也 氏

[協賛:アジレント・テクノロジー(株)]

【D-4】

長期徐放性ドラックデリバリー (DDS) 用ポリマー

DSM's innovative polymer platforms for application in long acting drug delivery systems

 

≪講演概要≫

長期徐放性を有するポリマー(臨床応用実績あり)として、生分解性PolyEsterAmide (PEA)および非分解性ポリウレタンを展開する。PEAは様々なAPI(低分子化合物 - キナーゼ阻害剤、peptide - GLP-1受容体作動薬、protein)を用いた数ヵ月間のin-vitro長期徐放プロファイルについて説明します。また避妊リングなど用脂肪族ポリウレタンも紹介します。​

※本講演は、2名の講演者が日本語及び英語で講演を行います。

DSM Biomedical​

Commercial and Innovation

Director

Lukasz Koroniak(ウーカシュ コロニャック)

栗木 研 氏

​【日本語・英語】

​【無料資料ダウンロード】
講演資料を含む資料2点を下記よりダウンロード可能
​【問い合わせ先】
​栗木 研: ken.kuriki@dsm.com

インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社

Email: promotion@cphijapan.com / 電話:03-5296-1020

東京都千代田区鍛冶町 1-8-3  神田91ビル2F